コンセプト | 日本企業とASEANの人財・大学を「雇用」「キャリア」のキーワードで結びつけ継続的な友好協力に繋げる

ACF ASEAN CAREER FAIR with JAPAN | ASEANの大学(世界で活躍する人財をひとりでも多く輩出する) | 日本企業(グローバル化を加速する原動力を獲得し実際に活躍してもらう) | ASEANの人財(自分の可能性を発見し実際に活躍する)

文部科学省「キャンパスアジア」事業(正式名称:「大学の世界展開力強化」事業;タイプA-2「東南アジア交流」)における平成23年度採択校の一つである、大阪大学大学院国際公共政策研究科の働きかけがきっかけとなり、シンガポール日本商工会議所の後援を得て、2013年に「ASEAN CAREER FAIR with JAPAN」は誕生しました。文部科学省「キャンパスアジア」事業の一環の官民学連携プロジェクトとして開催されたこのイベントは、ASEAN諸国の大学に学ぶ外国籍学生とグローバル化する日本企業のニーズのマッチングを目指す試みとしては、ASEAN全域の大学を応募対象とすることにおいて画期的なものであり、また趣旨に賛同したASEAN各国の大学から直接の協力を受けて開催される点が特徴です。

現在は下記のような様々なニーズを抱えていらっしゃる企業に幅広く活用いただいています。

  • 日本(本社)におけるインターン・採用・配属のプラットフォームとして
  • 単一の海外現法における、より優秀かつ定着度の高い人財の獲得目的のため
  • 域内各国の現法の集合体による統一した採用手法として

単なる企業の人材獲得の機会のみならず、企業と大学の直接的なネットワーキングの機会をも備えた他に類を見ないイベントです。本取り組みは、多くの企業、政府機関、教育機関のご評価をいただき、2017年2月に5周年記念の開催を盛況に終えました。次回2018年2月開催は6回目の開催となります。

PAGE TOP